ナガシマスパーランド 絶叫マシン怖さランキングTOP10

スポンサーリンク


私は、ジェットコースターを含めた絶叫系マシーンが大好物なんです。

絶叫マシーンといえば、三重県桑名市にあるナガシマスパーランドが有名ですよね。

愛知県に住んでいる私は、若かりし頃によくナガシマスパーランドに、普段味わえないスリルを味わいによく遊びに行っていました。

さて今回は、ナガシマスパーランドの乗り物を余さず体験したことがある私が、独断と偏見で、人気絶叫マシーンの怖さランキングをつけてみました。

 

10位 コークスクリュー

今でこそ、絶叫マシーンが揃いに揃っているナガシマスパーランドですが、私が子供の頃には、絶叫マシーンの数自体それほど多くはありませんでした。

そんな数少ない絶叫マシーンの中でも、2回転するコークスクリューは、当時のナガシマスパーランドでは「最強のジェットコスター」と言われ、絶大な人気を誇っていました。

最近では、続々と新しい絶叫マシーンが登場していますので、コークスクリューは可愛い部類になってしまいましたね。

 

9位 ジャイアントフリスビー

私がジャイアントフリスビーに初めて乗ったときには大変緊張しました。

というのも、いまいちこの絶叫マシーンが、どれほど怖いのか、、、それともそんなに怖くないのかが分かりにくかったです。

ジャイアントフリスビーの動きを見ていると、かなり怖いようにも見えるし、たいしたことないようにも見える…乗ってみないとよく分からない…そんな絶叫マシーンですね。

実際乗ってみるとそれほど怖くはありませんが、この絶叫マシーンは、バイキングのような揺れともう一つの回転が加わるため、苦手な人は苦手かもしれません(酔うという意味で)。

 

8位 スペースショット

スペースショットは、上から落ちる絶叫マシーンであるフリーフォールの逆バージョンコースターで、下から上へと一気に上昇します。

下から急下降するフリーフォールとは違い、一気に上昇するスペースショットは、見た目ほど怖くはありません。

絶叫マシーンに乗り慣れている方であれば、上昇したときに、遠く景色を楽しむ余裕は全然あると思います。

 

7位 ウルトラツイスター

7位辺りから、ようやく本格的な絶叫マシーンのご紹介となります。

ウルトラツイスターは、最初垂直にゆっくりと上昇していきますが、何と言っても上昇していくこの時間が一番恐怖です。

コースターが頂上にたどり着くと一気に急降下…最後は、きりもみ回転してゴールへと向かいます。

きりもみ回転は、怖いというよりも楽しめます。ウルトラツイスターが怖いのは、最初の上昇とその後の急降下だけです。

 

6位 フライングカーペット

このフライングカーペットは、昔トラウマになりました(笑)。

フライングカーペットは、私が小学生か中学生だった頃に初めて乗った絶叫マシーンですが、その見た目から「それほど怖くはないだろう」と思い乗り込んだのです。

ところがどっこい…完全に舐めてましたね…。まだ子供だった私は、フライングカーペットのあまりの怖さから完全にトラウマになってしまい、以降、成人するまでこのマシーンに乗ることができませんでした。

今乗ってもそれほど怖くはありませんが、当時のトラウマ体験から、今回6位とさせていただきました。

 

5位 ハイブリッドコースター 白鯨

白鯨ができる前は、ホワイトサイクロンという完全木造建築のジェットコースターがありましたが、そのホワイトサイクロンの構造を利用し、ハイブリッドコースター白鯨が誕生しました。

白鯨は、スリル満点のジェットコースターで確かに怖いです…。しかし、それよりも「楽しい」「面白い」「気持ちいい」「爽快」と感じる方が多いと思います。

ジェットコースターにありがちな「最初だけスリルがあって楽しめる」、そんなことは皆無で、最初から最後まで私たちを満足させてくれる大人気ジェットコースターです。

ナガシマスパーランドに遊びに行くときは、是非一度体験してみることをオススメします。


4位 フリーフォール

フリーフォールの高さは、なんと45Mにもなります。

そのビルの屋上のような高さから、真下に向かって一気に落下します。

私は正直なところ、フリーフォールは苦手です。

他のジェットコースターと違い、真下に落ちるだけのフリーフォールはあまり楽しむことができず、ただただ「怖い」という感想しかありません(笑)。

しかも落下している瞬間は、一瞬無重力状態のような感覚になり、内臓などあらゆる臓器が空中に浮くような感覚になります。

これにビビってしまう私は、スカイダイビングやバンジージャンプはとても無理ってことですね(笑)。

 

3位 嵐(ARASHI)

嵐は、2017年3月に誕生した4Dスピンコースターです。

通常ジェットコースターは、このタイミングで2回転した後、次のここのタイミングではきりもみ回転して…などのような「決まった動き」をしますが、嵐はどのように動くのかが全く予測できないコースターになっています。

乗るたびに違った動きをするため、何回乗っても飽きませんし、怖いというよりはめちゃ楽しめるジェットコースターです。

更に嵐は、ジェットコースターには通常ある足場がないため「浮遊感を楽しめる」、まさに新感覚のジェットコースターといえます。

 

2位 フライングコースター アクロバット

フライングコースターアクロバットは、普通のジェットコースターとは異なる新感覚のジェットコスターです。

身体を固定し、うつ伏せ状態のまま42Mの高さまで上昇し、その後は一気に急降下します。

例えるなら、ドラゴンボールに出てくる舞空術のような(知らない人はゴメンナサイ)、自分で空を飛んでいるような感覚が体験できます。

コース上も、きりもみ回転や、水の柱のギリギリを通過したりと変化にとんでおり、見た目以上に怖いジェットコースターでもありますが、見た目以上に楽しいジェットコースターでもあります。

 

1位 スチールドラゴン2000

ナガシマスパーランドに行って、まず目に止まるのがこのスチールドラゴンでしょう。

その大きさと凄まじい迫力に、多くの人は圧倒されるでしょう。まさに、本物の絶叫マシーン好きでないと乗ることができない、ジェットコースターの王様ともいえる存在です。

観覧車よりも高い上空97M地点から、勢いよく落下するときに味わうスリルは乗った者にしか分かり得ません。

最高時速はなんと153㎞にも達し、落下する際には、足が宙に浮くほどの浮遊感を味わえます。

かつてギネスを総なめしたスチールドラゴン2000。是非、そのすごさを体験してみてください。

 

関連記事です。

愛知県周辺 おすすめ穴場デートスポット 2人の仲をより深める場所

2018.02.22

 

愛知県周辺のデートスポット 名古屋から車で行けて楽しめる場所5選

2018.03.04

 

愛知県周辺 日帰りおすすめデートスポット 厳選5選

2018.03.03

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です